森林組合おおいがわは、島田市、川根本町、藤枝市を中心に地域林業の担い手として事業を展開しております。
トップページ > 経営理念・経営方針
日頃から、組合員の皆様に支えられて組合運営をさせていただいておりますことに改めて感謝申し上げます。林業界の大事な時期に組合長を仰せつかり、三年一期を務めさせてもらい、8名の新しい役員を迎えた中でさらに継続して、大役をやらせてもらうこととなり、身が引き締まる思いであります。体制的には副組合長、常務も同じメンバーで組織し、組合員にとって存在感のある組合経営を目指してまいりたいと考えております。また、これからの6年間は下記記載にある通り9月の通常総代会において承認されました、「経営基盤強化基本プラン」に基づきながら、より安定した森林組合をめざし進化、成長を遂げる様努力してまいりますので、組合員の皆様の更なるご理解ご協力をお願いいたします。
平成26年10月1日
代表理事組合長
山下 喜隆
組合員第一の組合活動を通じて林業振興に貢献すること。森林管理の中核として地域に必要とされる組織であること。安全を最優先し、高い知識・技能を持つ専門家集団であること。
地域の森林現況・施業技術を熟知し造林から林業までの森林管理を持続的に担い森林資源の保続に努める。地域の林業を活性化するため、安定的な地域材供給と安定した販売先の確保に努める。組合員の要望に応え得る組織体制と人材の確保、育成に努める。森林の付加価値を創出し林業経営異様増進を支援する。お互い切磋琢磨し、和をもって行動する組織であること。状況の変化に柔軟に対応できる人・組織であること。
山と地域を守る森林組合おおいがわ