トップページ > 新着情報
新着情報
杉山嘉英副組合長がシンポジウムに登壇しました
2015-12-03

12月1日(火)、静岡県男女共同参画センター「あざれあ」にて、「“ふじのくに”森林認証シンポジウム」が開催され、杉山嘉英副組合長がパネルディスカッションに登壇いたしました。
このシンポジウムは、静岡県内で取得が広がりつつある「FSC認証」という、環境に配慮した森林管理・木材生産・木材流通に関する認証について、その普及の現状と課題について広く啓発するために開催されました。
森林組合おおいがわ管内では、川根本町内にFSC認証の森林が存在します。認証を受けた森林では、環境に配慮した施業や管理が行われ、施業が適切に行われているかの厳しい審査が毎年行われています。
パネルディスカッションでは、杉山副組合長は木材の生産者の立場から、地域の森林を守る核としてFSC認証に注目したこと、FSCの認証取得を通して森林経営の視点が変化していったこと、適切な森林管理が木材生産・流通のスタート地点であることを述べられました。最後に、これまでの50年・これからの50年の林業を考えるにあたってFSC認証が核になることを踏まえて、「森と人とが一体となった林業をしていきたい」と施業に対する決意を述べられました。

    

トップページへ戻る記事一覧へ